こんな記事を見つけました。

ライザップで痩せた男が得た「太らない理屈」
終了後も気をつけていればリバウンドしない

リンク先に書かれていますがライザップに限らず、リバウンドするのは
もしリバウンドしてしまったとしたら、理屈を理解できていないか、理解できているのに実践できなかったか、のいずれかだと思う。
これに尽きます。

人間の身体はホメオスタシス(恒常性)というものがあります。
ホメオスタシスとは常に一定の状態を保とうという本能です。
つまり、太っている人の身体は太っている状態をキープしようとし続けるんです。
なんとまぁやっかいな・・・

その為、一旦ダイエットに成功しても太っている元の身体に戻ろうとするんですね。
それがリバウンドというわけです。

その為、短期間で急激に多くの体重を落とすと、ホメオスタシスはそれ以上に急激に体重を戻そうとしてリバウンドのエネルギーも強くなります。

強いゴムチューブを急激に引き伸ばすと、強い力で戻されようとしますよね。
そんな感じです。

ゴムチューブは長い間伸ばしておくと伸びきってしまい、使い物にならなくなります。
リバウンドも同じようにゆっくりと長い時間をかけて落とし、それをキープしておくと防ぐことができます。

そうしていると落とした体重をキープするようにホメオスタシスが変わります

いいかえると、多少のことでは太りにくくなるということです。

理想ですね!

パーソナルトレーニングでは食習慣の組み立て方をしっかりと指導させていただき、日常生活で理想の体型をキープするための身体の使い方キックボクシングや筋トレを通して身につけていただきます。

理想の身体をキープする秘訣が気になる方は下記リンクよりお気軽にお問い合わせください。


六本木、麻布十番でキックボクシング・パーソナルトレーニングをお探しの方はコチラからどうぞ!
http://ohnotakashi.net/contact/

この記事を読んでる人は、他にもこんな記事を読んでいます。

六本木、麻布十番でキックボクシング・パーソナルトレーニングをお探しの方はこちらから

お問い合わせ