昨日のブログの続きです。

「ムチのようにしなるような動きをしたいけどどうしても力んでしまう!」

そういう人は動画のように少し重いくらいのダンベルなどの重りを持ってやってみてください。


重いので腕だけでは動かせず体全体で動かそうとします。
体幹主導で後から腕がついてくる感覚がつかめるようになります。

ポイントはやる気なさそうにやることですW

慣れてきたら徐々にダンベルを軽くしていって、スピードを上げてみてください。


六本木、麻布十番でキックボクシング・パーソナルトレーニングをお探しの方はこちらから

お問い合わせ

この記事を読んでる人は、他にもこんな記事を読んでいます。

  • 腰を切る腰を切る 「腰を切る」といわれる骨盤の急速な回転運動はスイング動作を伴うスポーツにおいて […]
  • スウェイと急停止の共通点スウェイと急停止の共通点 下の画像のようにボクシングやキックボクシングで見られる、体を反らしてパンチやキ […]
  • ウォーターバッグで体幹トレーニングウォーターバッグで体幹トレーニング ウォーターバッグオーバーヘッドスクワット。頭上に高く掲げる事でテコが長くなり、 […]
  • 速く動くためには速く動くためには パフォーマンスをアップするにはスクワットのように床を強く押すエクササイズが再重 […]
  • スポーツ共通の動きスポーツ共通の動き 横方向へのダッシュとミドルキックを並べてみました。基本は同じ床を斜め下に押した […]
  • 左ミドルと横ダッシュ左ミドルと横ダッシュ 横ダッシュと左ミドルキック。両方とも 同じように左足で床を斜めに押した反動で重 […]