以前も同じような記事書きましたが改めて。
早く走るには赤い線の水平方向の力を大きくすればいいです。
ベクトルや力の合成・分解という考えを使うと、赤線が長くなればいいということです。

この画像は前回の画像を傾けたものです。
このように前傾姿勢になると赤い線が長くなってますね。つまり前方向の力が大きくなっているということです。
では、身体を前に倒せば倒すほど前方向の力が強くなり早く走れるようになるか?というと、そうではありません。

どんどん前に傾けていくと重力に耐えきれず、身体が地面に倒れ込んでしまいます
また、床を蹴れなくなり、そもそも床反力を得にくいということになってしまいます。
そのため、陸上短距離のスタートではスターティングブロックが用いられるわけです。

やはり身体の傾きで早く走ろうとするのは限度があるようです・・・

六本木、麻布十番でキックボクシング・パーソナルトレーニングをお探しの方はこちらから

お問い合わせ

この記事を読んでる人は、他にもこんな記事を読んでいます。

  • ランニング速度向上に必要なことランニング速度向上に必要なこと さて、前回の続きです。速く走るためには前進する力の赤線を大きくしてやればいい。 […]
  • ジグザグランニングジグザグランニング 前回のように横方向のダッシュができるようになったら動画のようなジグザグ走にも挑 […]
  • 膝蹴りはケツで押す膝蹴りはケツで押す 膝を高く上げて上段膝蹴りを蹴ろうと思っている人が良くなってしまうのが左の画像で […]
  • 【動画】膝蹴りはケツで押す【動画】膝蹴りはケツで押す 前回説明した膝蹴りのコツの動画を作ってみました。軸足のケツ、ハムで床を押してグ […]
  • ランニングの力の源ランニングの力の源 垂直方向に爆発的に床を押せるようになったら、その力を各方向に変換することで動き […]
  • 横移動横移動 画像は横への移動です。ターン、方向転換などスポーツでよく目にする動きですね。矢 […]