Instagramに角田師範が素晴らしい投稿をされていたのでシェア。
 
筋肉の発達には、いかに筋肉に負荷をかけるかが大事。
スポーツでは筋肉になるべく負荷をかけないが大事。
 
トレーニングでも 何を目的とするかで意識が変わってきます。
筋肥大目的ならなるべく筋肉に「効かせる」
スポーツや日常動作のパフォーマンスアップなら筋肉に「効かせない」
 
しかし、パフォーマンスアップのためには最初から効かせなければいいかといえばそういうわけでもなく、筋肉に効かせて筋肉をつけて、筋力アップすることも必要です。
 
「効かせない」トレーニングばかりしていると筋力アップが出来ずにパフォーマンスも上がらない。
「効かせる」トレーニングばかりしているといわゆるいわゆる「使えない」身体になってしまう。
 
「効かせる」トレーニングも「効かせない」トレーニングもどちらも必要です。
今の自分の状態で何が必要かを見極めてトレーニングしましょう。
 

効率の良い筋発達に必要なのは 運動の非効率性😄 即ち 効率の良い運動とは 如何に筋肉に負担をかけずに 長く早く動ける様に筋肉を使うか? 効率的でない運動は 直ぐに筋肉に負担をかけてしまいます😄 それが オールアウト 即ち 一時的筋機能停止状態 この状態に早く持ち込む為に 敢えて筋肉に非効率的な負荷のかけ方をする事が いわゆるテクニックというヤツです😄 それをマスターすると 心理的限界を迎える前に 生理的限界に先に到達する という意味です😄 解らないと思いますが(笑) 体感するしかないですね😄 #心理的限界 #生理的限界 #効率的 #非効率的

A post shared by 角田信朗 (@noby_kakuda) on

六本木、麻布十番でキックボクシング・パーソナルトレーニングをお探しの方はこちらから

お問い合わせ

この記事を読んでる人は、他にもこんな記事を読んでいます。